/* */ @import url("https://blog.hatena.ne.jp/-/theme/6653586347155924442.css"); /* */

Juu BLOG.

「人生のモチベーションを高める記事」

【筋トレ初心者向け】オススメのサプリメント!

筋トレを始めた方、これからもっともっと大きく強くしたいと考えてる方は食事やサプリメントにこだわろうとお考えの方もいるのではないでしょうか?

 

f:id:jyu10:20210723161915p:plain

 


『でも、サプリメントって何をいつ取ればいいの?』

 

 

 

そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。

 


サプリメントといっても様々な種類のものがあります。

 


そして、それを効果的に取ることでよりトレーニング効率も上がり筋肉がつきやすくなったり、疲労回復が早くなったりとメリットも沢山あります。

 

 

 


今回はそんな筋トレを始めたての方に、おすすめしたいサプリメントを紹介します!!

 

 

 

 

 

 

 

プロテイン

 

f:id:jyu10:20210714161324p:plain


レーニングをする上で欠かせないのが『タンパク質』を摂取すること。

食事から摂取することはもちろんですが、プロテインを飲むことで手軽に摂取できます。

 


ただ、プロテインだけ飲んで食事を疎かにしていては筋肉にいい影響はでません。

なので、あくまでも『メインは食事から』ということを心がけて、補助としてプロテインを飲むようにしましょう!

 


【効果】

 
・筋肉の合成促進

・ダイエット効果

・美肌

・筋肉の修復

 

 

 

【摂取タイミング】

 
・起床後

・間食

・トレーニング直後

・就寝前


レーニングをされてる方は体重の2倍の量(60kgの方なら60×2=120gを目安に摂取する。

 

 

 

 

 マイプロテインなら、間違いなくこの味!!!

非常に飲みやすく個人的に、オススメしている味です。

 

 

 

マルチビタミン

 

f:id:jyu10:20210714162629p:plain


筋トレをする上で摂取したい栄養素に『ビタミン』があります。

ビタミンは筋肉の合成促進をしてくれたり、疲労回復の効果もあり効果は絶大。

 


ただ、ビタミンにはビタミンE.ビタミンC・・・など様々な種類があり、1つ1つ取るのは大変。

 


そこでオススメしたいのが『マルチビタミン』です。

 


数種類のビタミンが一度に摂れるので、筋トレ時のビタミンの補給やビタミン何を買えばいいかわからない。という人に便利です。

 

 

【効果】

 

疲労回復

・老化防止

・血行促進

・タンパク質合成を促進

 

 

 

【摂取タイミング】


・起床後

・トレーニング後

・就寝前

 


プロテインと共に摂取する事が効果的です。

 

 

 毎朝、このマルチビタミンを摂取して活力を得ています。

これだけ入ってこの価格はさすがマイプロテイン

 


BCAA

 

f:id:jyu10:20210714163031p:plain

BCAAは「分岐鎖アミノ酸(Branch-Chain-Amino-Acid)」を含んだ吸収の早いサプリの事です。

必須アミノ酸の中でも特に身体作りに重要な3種類「バリン、ロイシン、イソロイシン」のみを含んだものとなります。

 

 アミノ酸には体内で生成できない9種の必須アミノ酸がありますが、BCAAはそのうちの3種類に特化しているものになります。

 


【効果】

 

・筋肉の分解の抑制

・筋合成の促進

・強い力を発揮できるようになる。

・運動時の持久力の向上

・筋疲労や筋肉痛の軽減

 

 

【摂取タイミング】

 

常時(日中)

 


レーニング前(30〜1時間前)

レーニング中

レーニング後

 


就寝前

 

 

 トレーニング時などには、水筒に水で割って飲むようにしています。

プロテインに入れるのもありです。

 

 

 

 

 


クレアチン

 

f:id:jyu10:20210714161021p:plain


クレアチンアミノ酸の一種で、体内で合成され大部分がクレアチンリン酸として筋肉に存在しています。

クレアチンリン酸は、筋肉が収縮する際にエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)の再生に利用されます。

クレアチンを摂取することで、瞬発的なパワーを増強する事ができます。

 

 
【効果】

 

・筋出力の維持・向上(パワー増強)

・運動時のパフォーマンス向上

・筋肉量の増加

 

 

【摂取タイミング】

 
・1日を通じて飲む。


クレアチンローディングをする〉


クレアチンローディングとは、短期間でトータル100gのクレアチンを摂ることです。

例えば、5日間で20gずつ分けて摂る、もしくは3日間で33gずつ分けて、合計100gのクレアチンをローディング(身体に溜め込む)することで、体内のクレアチン量が最大になります。

 


その後、クレアチンの体内量をキープするために、1日3g程度、継続して摂り続けます。

(https://valx.jp/column/2574/より)

 

 

 

 

 オススメはこちら↑

 

 

まとめ

今回は「筋トレ初心者にオススメしたい サプリメント」ということでオススメのサプリメントを紹介しましたが、これは筋トレをやっている方全員にオススメできると思っています。

 

もちろん、食事を丁寧に摂ることは大前提ですが、そのうえでトレーニング効果を高めるサプリメントを使うことでより成長が早くなったりと、付加価値を得ることができます。

 

 

 

筋トレをする目的に「成長」というものがあると思います。

あと一歩、もう一歩。

昨日30キロ上がったなら、今日は31キロを挙げる。その1キロの成長に最大の喜びがあると思っています。

 

そしてサプリメントは、それをサポートしてくれる「食のトレーナー」的存在だと思います。

 

もちろん、トレーナーをつけるのかつけないのかは人それぞれですが、つけることで成長速度が加速していくことは確実です。

 

 

これからもサプリメントや筋トレの情報も発信していきます。

サプリメントと共に、この juu blog も記事のトレーナーとして活かしてください。笑

 

 

話は脱線しましたが、これからもサプリメントを効果的に活かしてより良い効果を生み出せるように頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【筋トレ初心者の自分が感じた】必要なアイテムを紹介!!

自宅で筋トレをする方もジムで筋トレをする方もあればもっと効率が上がるものがあります。

 

それは「筋トレアイテム・グッズ」です。

 

筋肥大を助長するためにも、モチベーションアップすることにもつながります。

 

ダンベルを持つのにも、軽い重量でやるうちはそんなに必要もないかもしれませんが、徐々にトレーニングの強度を上げていくにつれてグローブが無いと傷ができやすくなったり、怪我につながることもあります。

 

眼鏡の近くに黒いコード付きヘッドフォン

 

それだけではなく、新しい服を買ったときはモチベーションが上がり、トレーニングの効率も向上する気がします。

 

それくらい「こだわりのアイテムやファッション」でトレーニングに臨むことは大切な事です。

 

とはいっても筋トレグッズは種類も豊富で何を選んだらいいか迷ってしまいます。

筋トレグッズを選ぶ方法としては、トレーニング種目・目的に合ったものを選ぶべきです。

 

今回は普段筋トレをしている僕が思う、「自宅トレーニングで必要なアイテム」「ジムでトレーニングをする時に必要なアイテム」を紹介します。

 

 

 

 

自宅でトレーニングをするのに欲しいアイテム

 

青と黒のナイキアスレチックシューズ

筋トレを始めたての方にとって少しハードルが高いことは「ジムに通うこと」だと思います。「やり方がわからない」、「人に見られずに自分のペースでやっていきたい」そんな方もいると思います。

 

そこでオススメしたいのが「宅トレ」です。

宅トレとはその名の通り、家でトレーニングすることです。

 

ジムとは違いお金もかからないし、すぐに始めることができるなどのメリットがあります。

なので筋トレを始めたての方は、家でトレーニングを積み重ねるのも1つの手だと思います。

あくまで家なので器具が無い場合は「自重」でトレーニングしないといけません。

だけど自重だけではなかなか体が大きくなりずらいというデメリットもあります。

 

そこでAmazon等でもすぐに買える「筋トレアイテム」があればトレーニングの強度も高められるので、オススメです。

 

 

宅トレで必要なアイテムを紹介していきましょう。

 

 

ダンベ

ブラック ダンベル


これ一つあるだけで様々な部位を鍛えられる万能なアイテムです。基本的には上半身をメインに鍛える器具として扱われていますが、スクワットといった下半身の筋トレ種目にも使えるなど全身を満遍なく鍛えられるのが魅力です。また、重さが固定されているタイプと重さを変えられるタイプで大きく分けて2種類あります。

 

 

 

 

 

 


レーニングチューブ

ソース画像を表示


レーニングチューブは場所を取らずにコンパクトに収納できる魅力も兼ね備えるアイテム。持ち運びにも適していて、旅に行く時にも持っていけます。

負荷は、低負荷~高負荷まで細かく設定できます。なので初心者から上級者まで幅広い方が使っています。

 

 

 

 

 

 

 

プッシュアップバ

f:id:jyu10:20210731171705p:plain


プッシュアップバーは、腕立て伏せの効果を高めるためのアイテムです。自重でプッシュアップするよりもこのプッシュアップバーを使う事で可動域が広がり、大胸筋や三角筋などにしっかりと効かせられます。

 

 

 

 

 

 

 

レーニングマット(ヨガマット)

ピンクの繊維にピンクのダンベル


床に何も敷かずに筋トレやヨガなどを行うと、床に骨が当たったりして痛みを感じてしまうことがありますが、このトレーニングマットを敷く事でその問題を軽減してくれます。

レーニングマットを使用する事で、トレーニングに集中できるだけでなく、より正しいフォームに導いてくれるなどのメリットが得られます。

また防音対策の面や床に傷をつけないためにも効果的です!!

 

 

 

 

 

 

アブローラー(腹筋ローラー)

ソース画像を表示


腹筋ローラーとは、腹筋を鍛えるためのトレーニンググッズです。

腹筋ローラーの特徴は、何といってもそのコンパクトな形状にあります。マシンを使うならばジムに通うか、自宅に広いスペースが必要です。かといって何も器具を使用しないと、腹筋に高い負荷をかけることは難しいでしょう。

腹筋ローラーを使用する事でより高い負荷の刺激を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

ジムでトレーニングをする時に欲しいグッズ

 

 

 

グローブ

 ソース画像を表示


ウェイトトレーニングをする際に、握力を補助し手のひらを保護してくれます。

より強度の高いトレーニングをする際は必ず欲しいアイテムになります。

また、手汗による器具の滑りや、手のひらの痛みやマメの対策もできる大変便利な道具です。

 

 

 

 

 

 

 


レーニングベルト(リフティングベルト)

ソース画像を表示


レーニングベルト(リフティングベルト)をする事で、フリーウェイトトレーニングを行う際、体幹部を補強し、パフォーマンスを向上させたり、腰をサポートしたりなどの効果があります。主にはデッドリフトやスクワットなど、体幹部の安定性が重視される種目で効果を発揮します。

 

 

 

 

 

 

 

 


速乾タオル

ソース画像を表示


夏のジムの大敵。それは汗です。

レーニングをするとクーラーが効いた涼しい部屋と言えども汗がでます。

レーニングを積み重ねると代謝が良くなり、余計に汗が止まらないなんてことも。

その対策としてタオルを持っていくことです。

レーニング後のシャワーにも役立ちます。

 

 

 

 

 

 


スマートウォッチ

黒いスポーツバンドでアップルウォッチを保持している人


レーニングやランニングなど健康に気を使う上で、あると便利なアイテム。それがスマートウォッチです。

現在の自分の健康状態を知る事で、食事や睡眠、トレーニングメニューの参考になります。
より良い体づくりをしてパワフルな日々を過ごしたい方にはオススメしたいグッズです。

ちなみにスマートウォッチで主に測定できる事は以下のことです。

 

 

  • アクティビティを自動認識&記録(歩数・ワークアウト種目など)
  • 心拍数を24時間計測
  • GPSを使ったペース・距離計測
  • 睡眠の質を自動測定
  • スマホ連携(着信・SNS・メールなどの閲覧)
  • 音楽再生(スマホ連携・ストリーミング再生)
  • 音声アシスタント機能によるハンズフリー操作

 

 

 

 

 

 

 

イヤホン

サーフに黒いワイヤレスイヤホン


ジムでトレーニングをしていると音楽だったり、声といった雑音が耳に入ります。

それを解決して集中してトレーニングに臨むためにも『イヤホン』は必須です。

またお気に入りの曲を聴きながらトレーニングする事でモチベーションUPにも繋がります。

 

 

 

 

 


ボトル

空の透明なガラス瓶を持っている人


レーニング中の素早い水分補給や、プレワークアウトドリンクを作って飲むのにも役立つのがこのボトルです。

毎回、自販機で買うよりもボトルを買って持っていく事で、地球環境にも優しくお財布にも優しいアイテムです。

 

 

 

 

 

まとめ

f:id:jyu10:20210703152501p:plain

 

今回は「自宅トレーニング」と「ジムトレーニング」それぞれに欲しいアイテムを紹介しました。

 

筋トレの効果をより発揮するためにも、怪我を予防するためにもアイテムを使用することは重要となります。

 

ジムでトレーニングをしている方でも、今回自宅用で紹介したアイテムを買って置いても損はないと思いますし、反対に自宅でトレーニングされる方もジム用と紹介したアイテムを使うことでよりモチベーションアップやトレーニングの効率が上がると思います。

 

自宅とジムを両方活かしていけばさらなる効果を得ることができると思います。

 

そのためには今回、紹介したようなアイテムを使用することが大事になります。

 

 

健康的でイキイキとした毎日を過ごすためにも、トレーニングを頑張っていきましょう!

 

 

ありがとうございました。(^○^)

 

 

 

 

【間食で気軽にとれる!】オススメのタンパク質。

筋トレ・運動をするうえで運動と並行して大事になってくるのが、「食事・睡眠」です。

f:id:jyu10:20210714161324p:plain

 

イメージとしては、3.5割を占めていると思うとわかりやすいかもしれません。

つまり、「運動」3.5、「食事」3.5、「睡眠」3.5で合わせて100%の効果を得ることができます。

 

もしこれのうち、「運動」だけに重きを置いて頑張っても他の7割を疎かにしてしまうとなかなか効果は表れずらい。

 

つまり、筋トレや運動と同じくらい食事や睡眠に注目することは大事なのです。

 

今回はそんな「運動」「食事」「睡眠」の内、「食事」について紹介していきます。

 

・体を美しくしたい

・もっと大きくしたい

・健康的でアクティブに過ごしたい

 

という方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

筋トレと食事

f:id:jyu10:20210723161458p:plain


筋トレで筋肉に負荷がかかると、筋繊維に傷がつきます。

その後、食事で筋肉の材料となる栄養素を補給し、しっかりと休養(睡眠)をとって成長ホルモンを分泌させます。すると、筋肉は以前よりも太く強くなり、さらに激しいトレーニングを行うことができるようになります。これを繰り返していくことで筋肉はどんどん強くなります。

 


逆に、どんなにトレーニングを頑張っても『栄養』(食事)や『休養』(睡眠)が十分でないと筋肉は修復されず、ケガの原因にもなります。筋トレと『栄養・休養』は筋肉を作るためにどれも欠かせない要素となります。

 

 

 

たんぱく質とは?

 

grayscale photo of hersheys cookies n cream

 

筋肉の材料になる栄養素は主に『たんぱく質』です。

たんぱく質』は肉・魚・卵・大豆・乳製品などに多く含まれています。

 


食事でたんぱく質を多く含む食品を摂ることが大事ですが、一度の食事でたんぱく質を大量に摂っても吸収できる量は限られています。

朝や昼や夕食または、間食に分けてこまめに摂るようにしましょう。

 


また、いろいろな食品からたんぱく質を摂取することも大切になります。

 


たんぱく質は、複数のアミノ酸から構成されるため、いろいろな食品をとることでアミノ酸を補い合うことができます。

 


動物性の肉・魚介類と植物性の大豆・納豆などを組み合わせて食べるように意識する事が効果的。

 


たんぱく質が豊富な肉類を選ぶときは、脂肪の少ない部位を選びましょう。

牛肉の場合は脂肪の多いサーロインではなく、ヒレなどの赤身がおすすめ。

 


調理法も揚げ物を避けて炒め物や焼き物、煮物などにして低脂肪の食事を心がけましょう。

 


人体のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類に分けられ、9種類の「必須アミノ酸」と11種類の「必須アミノ酸」に分類されます。

 


20種類のアミノ酸のうち1つでも欠けていたらタンパク質を合成できません。

つまり20種類全てが人間にとって不可欠な栄養素であるといえます。

 


ちなみに必須アミノ酸は体内で十分な量を合成することができないので、食事で取る必要があるアミノ酸です。

 


タンパク質を構成するアミノ酸は以下の通りです。

 


必須アミノ酸

→バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、リジン、フェニルアラニントリプトファンスレオニンヒスチジン

 


【非必須アミノ酸

→アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、チロシンシステインアスパラギン、グルタミン、プロリンアスパラギン酸グルタミン酸

 

 

 

オススメの『タンパク質』の摂り方。

 brown and black oval stones


運動をしている人の1日でのタンパク質の摂取は『体重×2g』、体を大きくしたい人は『体重×2.5g』がおすすめです。

 


つまり、体重60kgの方だとすると『60×2→120g』

となります。

 

では、朝・昼・夜・間食に分けて適した食品を紹介します。

 

 

朝)

卵、納豆、豆腐、焼き魚、牛乳、ホエイプロテイン

アミノ酸サプリメントなど

 


間食)

ゆで卵、ツナ缶、サラダチキン、ホエイプロテインなど

 

 

昼)

肉類、魚類、卵、納豆、豆腐など

 

 


筋トレ前(間食)

ホエイプロテイン(トレーニング60〜75分前)、アミノ酸サプリメントなど

 


夜)

肉類、魚類、卵、納豆、豆腐など

 

 


就寝前)

カゼインプロテインソイプロテインなど

 

 

 


【僕のおすすめプロテイン

 


コンビニで手軽に買える商品でオススメを紹介します。

これらは実際に僕も愛用しているものになります。

 

f:id:jyu10:20210723162130p:plain


一本満足バー プロテイン

 
価格:¥138

たんぱく質の量:15g

カロリー:186㎉


手軽にたっぷりプロテインが摂れるシリアルタイプのチョコレートバー。
酸味のある爽やかな味わいのストロベリー風味のチョコを使用し、プロテイン入りとは思えない美味しさを実現。
レーズンの爽やかな酸味がアクセント!
スポーツ時に嬉しい、プロテイン15g・5種のビタミン・必須アミノ酸9種配合。

 

 

勉強の合間、スポーツ終わりやスポーツ前に手軽にタンパク質を摂る事ができるので重宝しています。


コンビニでも手軽に買えるのでオススメです!

 

 

 

 ソース画像を表示

 

ザバスミルクプロテイン

 
価格:¥152

たんぱく質の量:15g

カロリー:102㎉

(特徴)ミルクプロテインを手軽に摂取。カラダづくりに有効なミルクプロテインを15g配合し、運動後に摂取することで理想のカラダづくりをサポートします。


プロテイン種類)ミルクプロテイン(乳たんぱく質)

 

『バナナミルク』のような味わいで非常に飲みやすいです。

カフェで出てきてもプロテインとは思わず飲んでしまうかも?!笑


それくらい美味しく感じています!

オススメです。

 

 


(注意点)

 
タンパク質の過剰摂取は健康的に良くない可能性もあります。現在のところ過剰摂取で健康を損なうなどの研究結果などは出ていませんが、さまざまな代謝変化が生じたという報告があるように、極端な過剰摂取は体に影響を及ぼす可能性があります。

考えられる体への影響は以下のようなものです。

 

・内臓疲労

 
・尿路結石


・腸内環境の乱れ

 


                       など。

 

 

 

 


まとめ

今回は「プロテイン」についてまとめてみました。

 

なんでも「過ぎる」ことはあまりよくありません。

プロテインに関しても、とにかく多く取ればよいか?と言えばそうではありません。

 

あくまでも自分の体や運動内容などを見ながら適切に摂取することを心がけることが重要です。

 

ちなみに僕のオススメのプロテインは「マイプロテイン」です。

 

魅力は何といってもとにかく安い事!!

セール中は75%オフで購入できることもあります。笑

 

僕のブログのホームからもマイプロテインのホームページに飛べるので、一度見てみてください。(^○^)

 

ちなみにオススメの味は「ナチュラルチョコレート」です。

マジで、「ココア飲んでるやん!」という感じの味です。

 

今まで飲んできた中で一番飲みやすいと感じているので、プロテイン選びに迷っている方にはオススメしたいです。

 

 

 

ちなみにバカ舌ではありませんのでご安心を!!!

 

ラーメンとうどんの違いくらいは分かります。笑

 

 

本当に美味しいので、是非!

 

 

今日はプロテインについて紹介しました。

皆さんのプロテイン選びの何か役に立てたら幸いです。

 

ありがとうございました。(^○^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく大学生(社会人)に読んでもらいたい本!!

皆さんは「本」読まれますか?

 

読む!という方も、読まない!という方にも今日はオススメした本があります。

 

読んだら人生が変わる!!」と言いたいところですが、人生を変えるか否かは結局、あなた次第なのでどうなるかわかりません。

 

でも、今日紹介する本で「人生の何かを変えるきっかけにする」ことならできるかもしれません。

 

f:id:jyu10:20210720155224p:plain

是非、コーヒーを片手に「面白そう!」、「こんな本があるんだ」という感じで気楽に見ていただければなと思います。

 

僕自身がオススメしたい本を1冊ずつ丁寧に紹介していきます。

 

 

 

 

オススメの本

 

f:id:jyu10:20210720155910p:plain

 

ではオススメの本を順に紹介していきます。

 

1.人を動かす

f:id:jyu10:20210720173634j:image

著者:D・カーネギー

 

まず紹介したい本は世界的に有名な自己啓発本デール・カーネギーの「人を動かす」という本です。

 

人間が生きていくうえで切っても切れないものがあります。

それは「人間関係」。

 

その人間関係を上手くするためには、人間関係の真理を知るべきです。

人はどういったときに動くのか?また、どういうときは動かないのか?

 

相手から「YES」を引き出す方法をこの本は教えてくれます。

 

リーダーとして組織をまとめる立場にある方や将来、組織をまとめるような力が欲しいと考えている方には是非読んでもらいたいです。

 

本には単に著者の考えだけではなく、歴史的な偉人の名言も使われていて「ㇵッ!」とする、心が熱くなる部分も本書の内に何か所かあります。

 

例えば自動車王のヘンリー・フォードの言葉・・・

「成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能力である

 

この言葉は一見、実に当たり前で簡単な事だと思いませんか?

でも人はこんな単純な事や簡単な事を見逃していることが多い。

こんな単純な事ではなく、裏技のようにパッと解決できる方法を探してしまう。

 

実は単純な事の方が大事なんだ。そして成功はそれの積み重ねにある。

自動車王の味わうべき言葉です。

 

是非一度読んでもらいたい本です。

自分の「伝えたい事」が今よりスムーズに伝わる感覚を味わってください。

 

 

 

2.自己プロデュース力

f:id:jyu10:20210720173421j:image

著者:島田伸介

 

この本は元お笑い芸人の島田紳助さんが書いた本です。

「お笑い芸人の本?芸人向けの本?」と御思いでしょうか?

いやいや、違います。

 

もともとNSC(吉本の養成所)で講義されたときに話されたことを本として販売されたものになります。

しかし、ただ単にお笑い論を語っているだけではありません。

「人生」「仕事」「成功」「カネ」「夢」に関しての知識がこの本にはたくさん詰まっています。

 

この本から感銘を受けたポイントは沢山ありますが、特に僕が「なるほど」と思ったのは、努力の方法というものです。

 

例えばいくら本を読んでも、仕事で成功できる才能を得ることはできません。

 

才能を教えることはできない。ただ、努力の仕方なら教えることはできる。

例えば「才能」と「努力」に成績表があるとしましょう。

5の才能のあるやつが5の努力をすれば「5×5で25」で最高点。

ただ、5の才能をもっていたとしても、1の努力しかしなかったら「5×1で5」のままで大した結果は出ない。

 

つまりあなたには才能が仮にあったとしても、努力の方法を知らないと5の結果しか出せません。

逆に3の才能しか無くても、5の努力ができればもっともっと上に行くことができる。

 

そんな「努力」の方法や夢を本書から学び取ってみてください。

 

 

3.自由人の脳みそ

f:id:jyu10:20210720173429j:image

著者:高橋歩

 

この本は肩書「自由人」の高橋歩さんが書かれた本です。

高橋歩は、これまでに「大学を中退し、アメリカンバーを開業」したり、「バーが軌道に乗ったら経営権をすべて投げ捨て、自伝を出すため無一文・未経験から出版社を設立」したり、「世界一周」したり、沖縄やハワイで「カフェバーや宿」をやったりとまさに自由人というべき存在です。

 

僕は、そんな高橋さんの行動力や熱さに魅了された一人です。

 

この本「自由人の脳みそ」にはそんな高橋歩さんのやってきたことや「仕事」「夢」「遊び」もすべて自由に自分らしく楽しむための方法が書かれています。

 

読むと本当に脳みそがスパークしてすぐに何か行動したくなると思います。笑

 

 

 

4.自分の頭で考えよう

f:id:jyu10:20210720173646j:image

著者:ちきりん

 

この本はブロガーのちきりんさんが書かれている本で、ちきりんさんの考える「思考のワザ」について知れます。

 

就活の時に見ておきたい「就活で失敗しない方法」や「将来性」について考える方法を紹介してくれます。

 

「考える」とは一体何なのか?

普段考えているつもりになっていないか?

考え方についての正しい方法を知ることで、もっと自分らしいに気付けて自分独自の意見・考えを持つことができます。

 

これもまた自由を手に入れるための第一歩だと思います。

思考の罠にはまらず、思考の大きさ・深さを突き詰めてください。

 

 

 

 

5.悩んでこそ人生

f:id:jyu10:20210720173448j:image

著者:小藪実英

 

5冊目に紹介したい本は、「悩んでこそ人生」という本です。

この本はお寺の住職をされている小藪実英さんという方が書かれた本です。

 

小藪さんはもともと高校教師をされていたのですが、その時の13年間で教え子の方が5人亡くなられてしまいました。

 

「もし死ぬ前に何か話ができていたら・・・」

 

そんな思いから亡くなっていった教え子の方々に説いていくように、人生詩を書き始められました。

この本に書かれているのはそんな思いの詰まった言葉が沢山詰まっています。

 

「今の苦しみが10年後の苦しみではない。そして必ず君たちには素晴らしい未来が来るのだから。人生は捨てたものではないぞ」という思いでこの本を書かれました。

 

人生に困ったとき、悩みを抱え込んでいる時、涙があふれるくらい悲しいとき、、そんな時は一度立ち止まってこんな本や言葉に触れてみるのもいいかもしれません。

 

歩く・走るだけが人生ではありません。

 

立ち止まって見ることで、今まで歩いていた時には気付かなかったような道端に咲いている花や景色が見える事だってあります。

 

僕もこの本の言葉に励まされました。

 

是非、困ったときは本や言葉に浸ってみてください。

 

 

 

終わりに・・・

今回はおすすめの本を5冊紹介ました。

 

大学生や社会人の方には是非、一度読んでもらいたいな~と思います。

自分が読んで感銘を受けた本たちばかりだから胸を張ってオススメ出来ます。

 

 

冒頭でも書きましたが、「人生を変えるきっけにする」か否かはあなた次第です。

本を読まないこと、本を読もうか迷うこと、本を読むこと、本を読んで行動すること・・・。

 

全部選ぶのは、結局あなた次第。

 

ただ、電車で目的地に行くことと同じで「何か変える」には、まず切符を買わないといけません。切符を買うこと自体が目的地に一歩近づいていることになります。

 

だから、まずは本を買って読んでみる。

 

 

今日紹介したのは、僕のオススメしたい本の中でも本の一部なのでまた違う本も紹介したいと思います。

 

 

一緒に本から何かを学び取っていきましょう!(^○^)

 

 

 

 

 

 

 

世界一周しよう。

旅がしたい。

そう思う。

f:id:jyu10:20210629144732p:plain

何故、旅ができていないかというと「コロナ」のせいと「就活」という二刀流が原因だろう。

 

本当は今年世界一周をしようと思い、昨年から少しづつ準備を始めようとしていた。

 

 

しかし、2020年4月から「緊急事態宣言」というものが出て旅どころか、外出を控えなくてはいけなくなった。

 

 

その頃から全く「旅」「旅人」を聞かなくなった。

 

ヒッチハイクや自転車などで旅をしていた人たちは今何をしているんだろう?

 

 

そんなことはさておき、いつかは「世界一周」を必ずしたいと思っている。

 

それも20代のうちに。

 

今が22歳になったので8年以内には必ず「世界一周」をする。

 

そしてその時に、「行ってみたい場所」について今日は書いていこうと思う。

 

 

世界中には様々な知らない土地があるけど、自分が知っている中でどんなところが言ってみたいと思うのか?それを紹介します。

 

 

 

 

行ってみたい場所

 

ちなみに世界一周をしたいと思ったきっかけは凄く王道だけど「深夜特急」を読んで心が震えたから。

こんな体験をしてみたい。読んでいて映像が浮かんできて実際にやったらどれだけ楽しいかと思い興味をもちました。

 

なので基本的なルートはこの「深夜特急」の著者、沢木耕太郎さんと同じような道で行きたい。

 

f:id:jyu10:20210711161831p:plain

https://tabidan.com/travel-book/midnight-limited-express/

 

1.香港・マカオ

f:id:jyu10:20210717101830j:image

まずは香港に行ってみたい。

ただ、現在の香港は一国二制度も終わりをつげ中国の政治的圧力を受けているので、今後どうなるのかわからない。

 

香港に行ったらまずは『食事』。

肉まん、シュウマイ、ラーメン、小籠包、エビチリ・・・と食べ尽くしたい。

 

その後は、香港の喧騒の中商店街を歩き回り100万ドルの夜景を目に焼き付けたい。

 

 

2.シンガポール 

f:id:jyu10:20210717101915j:image

そして次に立ち寄りたいのが、『シンガポール

 

あの有名な『マーライオン』の前で写真を撮りたい。

 

あとシンガポールといえば、マリーナベイ・サンズ。

 

夜のシンガポールを眺めながら、優雅にプールで泳ぐ。

そこでお酒を少し飲むのもいいかもしれない。

大切なことは『雰囲気』である。

 

旅の疲れを少し忘れて、世界の『遊び』を体験したいと思う。

 

 

3. タイ

f:id:jyu10:20210717102449j:image

 そして必ず立ち寄りたい場所がある。

それが「タイ」だ。

 

タイは初めて自分1人で行った場所だから。

大学2回生の冬、タイに行く計画をし11月という日本ではもう肌寒いと感じる時期に35℃を超えるタイに行った。

 

初めはもの凄く不安だった。

ろくにコミュニケーションも取れないので、コンビニで1を1つ買うのにもものすごく苦労した。

英語が少しでも話せたりするならば、もう少し楽なのかもしれない。が、学の無い自分にとっては言葉の通じない中でできることは「ボディーランゲージ」のみだった。

 

そこで不安だからと言って、暗い態度で接していると相手もあまりよくしてくれない。

「アホになって」自分から笑いかける。すると言葉は使えないけど心で通じ合えることに気が付いた。

 

「相手は自分を映す鏡」まさにそう思った。

 

自分が初めて1人旅で行った国、それがタイ。

 

もう一度行った時には、もっと成長した自分でありたいと思う。

 

 

4. インド

f:id:jyu10:20210717102518j:image

 

 タイを抜けたら次に行き「タイ」のが、インドだ。

 

インドと言ったらやっぱり「カレー」。

暑い中、カレーを食べて大きな声で「辛れええ」と叫びたい。

 

でも、もう一つ気になっているものがある。

「チャイ」という飲み物。

 

深夜特急でも出てきたのだが、紅茶?のようなミルクティーのような飲み物らしい。

これを飲んで一気に「深夜特急」に浸りたい。

 

 

 インドに行くと「人生が変わる」とよく聞くので、インドには必ず立ち寄りたいなと思う。

 

5. ポルトガル

ソース画像を表示

 インドの次にいってみたい場所。

だいぶ飛ぶようだけど、「ポルトガル」である。

 

一気に地中海気分に浸り、旅の感覚もアジアの神秘的な雰囲気から「ポップな」雰囲気へと変貌する。

 

ポルトガルと言えば自分は「サッカー」だと思う。

旅の途中でサッカーの観戦をしてみたい。

 

お酒を片手にサッカー観戦をすれば、一気に地元の応援団に仲間入りできる。

 

アジアの旅とはまた違う「旅感」を味わいたい。

 

 

6. フランス

Eiffel Tower at Paris, France

 「お~シャンゼリゼ、お~シャンゼリゼ

この歌を歌いながら優雅に駆け抜けたいのが、「フランス」である。

 

古都フランスではサッカーや、歴史的建造物を拝見して旅の充実度を高めたい。

 

そして必ず行ってみたい場所は「モンシャンミシェル」

 

フランスには世界的に有名なものがゴロゴロとあるので、本当に行きたい場所を厳選して1つ1つの質を高めていきたい。

 

 

まあ、とにかく「お~シャンゼリゼ」と言ってみたいのである。

 

 

 

旅をしよう!

 

旅をすることで人生が変わる。

僕自身はそう感じています。

 

色んな土地に行って、色んな人と出会って、色んな価値観に触れる。

 

1つ1つの思い出がこれからの自分を創ってくれます。

 

 

僕自身は冒頭でも書きましたが、人生で1回は必ず「世界一周」をしたいと思っています。

 

そのためには「自分のレベル」を向上させる必要がある。

コミュニケーションの取り方、理解するために言語を覚えること、旅のレベル、体のケア、、、

 

世界一周を本当にいいものにするために、そうしたレベルを1つ1つ今日から高めていきたい。

 

 

そう考えると、この何気ない日常1日1日がもう「旅」の1ページなのかもしれないと思えてきます。

 

 

だから今日も「旅するように今日を生きる」を大切に、今日という1日を全力で楽しみます。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。